彼女が欲しいと願うなら相応の行動と覚悟が必要不可欠。

a0002_010580

日本は四季の国、一年を通して何かしらのイベントがあります。

春は花見や歓送迎会、夏は海・花火、秋は紅葉狩り、冬はクリスマスに忘年会・正月。

そんな多種多様なイベントに際して恋人がいない男性が感じることは「寂しい」、この一言に尽きます。

外見がほどほどなのに常に恋人がいる人もいれば、イケメンなのにずっと恋人ができない人もいます。

どうしても恋人が欲しいと思うのであれば、外見は関係なく師事するべきは間違いなく前者です。

なまじ外見が良い男性の中には容姿のみに頼り切っていて「男性としての魅力」に欠けてしまっている人が意外にも大勢います。

逆に、外見に武器を持っていない男性は内面をはじめとした「様々な男の魅力、武器」を持ち合わせていることが少なくありません。

もちろん、外見も魅力もどちらも持ち合わせているパーフェクトな男性も居ますが、少なくとも外見は持って生まれたものですので後になってどうこう考えるのはナンセンスでしょう。

それぞれの違いを理解することこそ「彼女を作る方法」と言えます。

さて、その方法とは一体どんなものがあるのでしょうか。

ちなみに、彼女を作る方法としては、職業別に使えるテクニックが異なる場合があります。

例えば、フリーターの人だと、不利になる場合もあるのですが、こちらのフリーターの彼女の作り方!フリーターだとバレても振られにくくするには?などの記事を読んでいただくと、どういうことかお分かりいただけると思います。

明確な「ギャップ」を持ち合わせている

よく言われることですが、「人はギャップに弱い」とされます。

これは何も恋愛にだけ影響を及ぼすものではなく、社会的な評価に対しても同様です。

例えば、「見た目から怖そうだと思っていた見るからにプロらしき人がものすごいハスキーボイスだった」としたら、印象は一気に和み「もしかしたら良い人かもしれない」と思ってしまいます。

恋愛においても同様のことが言え、例えファーストコンタクトでは最悪の印象で嫌われてしまっていても、しばらく経ったら付き合っていたなんてことは日常茶飯事です。

むしろ、ここまで極端な感情を抱いてもらえるということは「チャンス」でしかなく、恋愛に発展させる絶好の機会と言えます。

a0002_010799

人は「自分が思っているものと違う」印象を感じたとき、それまでの印象が強ければ強いほど逆方向に反発しやすくなります。

嫌いだった人を些細なきっかけで好きになってしまう、逆にものすごく好きだった人への感情が一瞬で冷めてしまうしまうといった経験がある人は非常に多いと思います。

つまり、「ギャップ」を上手に演出することが出来れば恋愛が始まる大きなきっかけにすることができるということです。

「自分は裏表のない正直な人間だ」とか「内も外も変わらない」ということは素晴らしいことではあるのですが、その中にも「実は意外な趣味・特技を持っている」と言ったギャップを演出できるポイントを準備しておくと効果的です。

どのようなことがギャップになるのかを判断する上で、「周囲から自分がどう見えているのか」を客観的に分析することが必要になります。

これこそが「自分に彼女ができない理由」を知るうえで非常に大きな機会にもなります。

男性としての魅力がある

世の女性が男性に求める「魅力」にはどんなものがあるのでしょうか。

優しい、男らしい、頼りがいがある、尊敬できる、包容力があるなど様々な魅力が考えられます。

それが正しいかどうかは別として「男は働いて家族を守るもの」という認識があるのは誰もが理解していることだと思います。

つまり、最も根底にある男性の魅力とは「信頼を裏切らない真面目な人間であること」だと言えるわけです。

もちろん、容姿なども重要な男性としての魅力ではありますが、最終的に女性が強く魅力を感じるのは前述したような男性です。

年代にもよりますが、例えば若い女性は男性に対して「ステータス」を重視しがちです。

見た目が良い、運動ができる、頭がいいといった面を高く評価しやすい傾向があります。

しかし、その年代から最終的に結婚に至るまで恋愛が継続するということはごくごく稀なことです。

やはり、最終的に女性は「結婚」を強く意識して恋人を選ぶ傾向が強くなってくるため、そういった男性としての魅力を磨く努力をすることは高い効果が期待できます。

経済力がある

単純に経済力のある男性はモテます。

容姿云々ではなく、経済力はすべてを凌駕しうるものと言えます。

つまり、莫大な資産を持っていればそれだけで恋人候補は湯水のように溢れ出てくる可能性が非常に高くなります。

とはいえ、急にそんな資産を持つことは現実的ではないため「堅実な経済力」を目指すことが大切です。

簡単に言ってしまえば「贅沢ではなくとも不自由のない暮らしができる程度の経済力がある」ということです。

これはほとんどの男性が当てはまることだと言えますが、ここで大切なことは「ギャンブル・酒・女」などにお金を浪費しないということです。

もちろんそれらが必ずしも悪いということではありませんが、甲斐性のない男性よりも高く評価されやすいことは明白です。

「しっかりとした将来設計があり、そのプランを遂行している」というだけでも女性から「真面目な男性、信頼できる」といった評価を得ることができ、恋愛のきっかけになる可能性が広がります。

人としての魅力がある

最後に、何といっても「人間力」が非常に大切です。

恋人を作るためだけに前述した内容を実践しても正直なところあまり意味はないと言えます。

もちろん、それらの努力で恋人が出来やすくなることはもちろんですが、その為だけに自分を演出していることはすぐに見透かされてしまうものです。

嘘をつかない、目標をもって生き生きとしている、情熱がある、他人に関心がある、自分自身を信用しているといった総合的な「人間力」を高めることが、恋人をつくために最も大切なことです。

最初はこれまで紹介してきた内容を「恋人を作るためだけ」に実践しても良いです。

しかし、最終的な目的は「自分という人間の価値を高める」というところに据えておくことが大切だということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加